女性も利用できる

女性も利用できる

育毛を医薬品で治療する場合、プロペシアなどが使われています。プロペシアは基本的に男性の脱毛症に開発された薬で、女性は服用できないデメリットがあります。女性の方も中年くらいになると、薄毛に悩まされている方はいますから、プラセンタで対策してみるのもよいでしょう。

 

・ 乳がんのリスク
・ 子宮頸がんのリスク
など、プロペシアを女性が服用すると、副作用のリスクがあります。プロペシアは男性ホルモンを抑える薬で、女性が服用すると女性ホルモンの量が多くなってしまいます。女性の場合はもともと女性ホルモンが多くなっており、薬でバランスを乱すと、がんの発症リスクが高まるといわれています。

 

では、プロペシアに代わるものがないのかといったら、女性用のリアップなどはあります。体内からケアしたい方にとって、女性の場合はプラセンタサプリメントのほうがよいかもしれません。

 

プラセンタにはホルモン剤は一切含まれておらず、天然の胎盤を使用しています。豚や馬などの胎盤から抽出したエキスを使用しており、合成成分は出回っていません。天然成分でしたら、ホルモンバランスを大きく乱すリスクが無く、逆にちょうどよい状態に整える働きもあって、生理周期が調うなどの嬉しい効果も得られます。