頭皮細胞の活性化

頭皮細胞の活性化

薄毛を改善させるには、頭皮の細胞の新陳代謝を高めることが必要です。年齢を重ねるとどうしても、細胞の代謝が落ちて、薄毛の原因ができてくるものです。細胞分裂が活発な若い頃には、薄毛は感じなかったはずです。

 

・ 成長因子により細胞を活性化
・ 髪の合成が上手くいく
・ 健康な髪が育ちやすい
プラセンタには成長因子が含まれており、この成分により細胞の活性化が期待できます。成長因子とは細胞分裂を活発にするために必要となるもので、子どもの頃には体内にも多く存在しています。加齢により低下してきて、細胞1つ1つの代謝が低下してきます。

 

成長因子とは、1つの受精卵がわずか10ヶ月で約3kgまで急激に成長するのに役立っています。胎盤には成長因子が豊富に含まれており、これを育毛対策として使うと、髪のもととなる細胞分裂を促がし、髪の成長促進を早めることができると考えられます。

 

成長因子にはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど、肌にある潤い成分を合成させる作用もあります。これらも年齢とともに減少してしまうため、代謝を促がすことができれば、頭皮がふっくらとして細胞の代謝促進に役立てられるといえるでしょう。

 

薄毛だけでなく髪の成長が遅くなったと感じる方にも、プラセンタはおすすめできます。