植物プラセンタは効果が薄い

植物プラセンタは効果が薄い

育毛をプラセンタで対策する場合、植物プラセンタでは意味がなくなってしまいます。成長因子を含んでいるのは動物の胎盤だけであって、植物プラセンタにはこの成長因子が含まれていません。髪の成長促進には成長因子が必要となりますから、サプリメントは必ず豚、馬、羊の原料を使用したものを選ぶ必要があります。

 

・ 細胞の成長に必要な成長因子
・ 人成長ホルモンの活性化
・ 肌をみずみずしく保つ効果
成長因子とは人成長ホルモンの分泌に関連する物質です。人の体内には備わっており、すべての細胞の代謝に必要となります。人成長ホルモンは生きていくうえで不可欠なのですが、20代後半から急激に減少することがわかっています。

 

脳から人成長ホルモンはつくられており、減少することは老化を意味します。薄毛も老化の一種で、人成長ホルモンを促がすために必要な成長因子を取りこむことは、髪の成長にも関係してくるのです。

 

実は成長因子は、育毛治療でも使われることがあります。ケラチノサイト成長因子、インシュリン様成長因子など、さまざまな成長因子が使われています。プラセンタにも多くの成長因子が含まれていることがわかっており、注射やサプリメントで服用すると、育毛治療と似た効果が期待できるわけです。